このHPは2019年度日本郵便の年賀寄附金の助成を受けて製作しました。

エセナおおた

概要

エセナおおた外観

 1977年、大田区では女性が安心して集える場所として「大田区立婦人会館」が設立されました。1992年には「大田区立おおた女性センター」名称が変更され、建物の改修ののち、2000年に大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」として開館しました。
「エセナ」とはスペイン語でステージ・舞台・広場を意味し、自分自身のステージをこの施設で広げてほしいという願いを込めて区民からの公募で選ばれた愛称です。

 2004年4月から指定管理者制度が導入され「特定非営利活動法人 男女共同参画おおた」が指定管理者となり、エセナおおたの管理・運営を行っています。

設置目的

大田区立男女平等推進センター条例より抜粋

第1条 男女共同参画社会の実現に資するとともに、区民の自主的な活動の場を提供するため、大田区立男女平等推進センターを大田区大森北四丁目16番4号に設置する

第2条 センターは、前条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。
 (1) 男女平等に関する講座および講演の実施並びに情報の提供に関すること。
 (2) 女性のための相談に関すること
 (3) 区民の自主的な活動の場の提供に関すること
 (4) 区民相互の交流の場の提供に関すること
 (5) 前各号に掲げるもののほか、区長が必要と認める事業